Q 食事サービスのリスク対策をどの様に考えていますか?その対策はAG电子游戏网址:? A リスクはどこにでもありますが

添加时间:2019-08-07 浏览数:

該当食種の患者さまが主食を含め全く同じであれば、食材量に問題無いのですが、もし、主食量の違い、禁忌・アレルギーコメントなどで献立が異なる場合は、その分の献立訂正と食材量計算は、手作業で行うことが一般的です, これまでの給食管理では、献立は、食種ごとに作成し、食材発注は、その献立に食種別人数を掛けて食材量を計算します, Q 個人献立管理とは?これまでの給食管理とはどこが違うのですか? A 個人ごとに献立を作成し管理することを言います, Q 食事サービスのリスク対策をどの様に考えていますか?その対策は? A リスクはどこにでもありますが、システムとして、3ヶ所を最重点リスクとし、対策してます。

個人献立から料理ごとに食数を集計し、調理作業票を基に作業します, , Q 献立移行に時間が掛かりそう? A これまでの給食管理では、一部の食種の献立表が無くとも作業は可能ですが、個人献立管理では、個人献立を自動作成するに際して、ベースとなる食種の献立と主食、禁忌・アレルギー等のコメント指示に対する料理の代替え情報登録が必要です, しかし、この作業は一過性のものであり、運用しながら蓄積する方法が最良です, また、盛付け作業は、「食札」に料理名が印刷されますので、それを基に作業します, 調理済みの「半製品」は、保管ラベルにて配膳予定日(又は賞味期限)まで在庫管理(チル保管)されます, その調理作業票には、材料、仕込みコメント(”千切り”等)、食種内訳数、調理形態コメント(きざみ等)数、レシピコメント、総材料等、調理に必要な情報が集約されて印刷されますので、この調理作業票のみで作業は可能です, 個人献立管理では、個人ごとに献立表を印刷して運用することは、現実的ではありません, 1)禁忌・アレルギー指示に対するリスクーーー献立チェック&代替え 2)食数の変化に対するリスクーーーーーーーー食材の過不足をリアルタイムに把握 3)盛付けに対するリスクーーーーーーーーーーメニュー印刷付き「食札」に誤配膳防止 Q 新調理には、どの様に対応しているのですか? A クックチル対象料理(料理のパーツ)は、料理の中に料理が有るイメージです,AG电子官网, クックサーブとクックチルの混在運用は、可能ですので、生野菜、果物は、クックサーブ、それ以外は、クックチルで調理することができます, Q 献立表が無いのにどうして調理/盛付け作業ができるのですか? A これまでの給食管理は、食種ごとの献立表を中心に作業していました。

個人献立管理は、主食量の違い、禁忌・アレルギーコメント対応は、献立に反映されていますので、食材量は個人献立からの集計で自動化できます, 弊社では、この呼び名を「半製品」と定義し、クックサーブとは異なるタイミングで食材発注し、「半製品」毎の作業票が印刷されます, その分が移行作業に時間を要する要因です,AG电子官网,。

 大富豪棋牌官网|大富豪棋牌  大富豪棋牌官方网站|大富豪棋牌官方网址  sg电子官网|sg电子老虎机  sg电子游戏平台|sg电子游戏  pp电子游戏官网|pp电子游戏平台  澳门开元棋牌官网网站|澳门开元棋牌娱乐  澳门开元棋牌|澳门开元棋牌官网网址  澳门大三巴|澳门大三巴官网  澳门拉斯维加斯网站|拉斯维加斯棋牌  老k棋牌|天天棋牌  MG电子游戏网站|国际在线  澳门皇冠线上网站|盛世飞鹰文化传媒  澳门太阳城官网|南瓜屋故事